スポンサーサイト

Posted by らぐとりま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わずかに怖い話(その6)

Posted by らぐとりま on 16.2009 不思議体験 0 comments 0 trackback
わずかに怖い話(その6)はついに海外に進出です。

アメリカに行ってた2008年夏休み。8月23日の土曜日
まさかこんなことがあったなんて・・・
といってもこのことを知ったのは12月の沖縄旅行でのこと。

サンフランシスコ

アメリカ合衆国西海岸にある、カリフォルニア州の北部に位置する都市であり、北米を代表する世界都市である。

そこはゴールデンゲートブリッジやフィッシャーマンズワーフなどの有名な観光地を有する都市だ。
そんなサンフランシスコに一日観光に行ったときの話しである。

ザ・ロックなどの映画の舞台となっているアルカトラズはサンフランシスコで行きたかった場所のひとつであった。
運よくチケットを8人分インターネットで手に入れることができた。
アルカトラズへは船で行くのだが海の風は町にいたときよりも冷たく、防寒着は必要不可欠であった。

アルカトラズに着くと異臭に鼻が曲がった。
舗装された道にはかなりの鳥の糞がついており、そのにおいが原因であることは明らかである。

道なりに進んでいくと刑務所が見えて、中を自由にみていった。
そんなおり、アルカトラズの施設を紹介してくれるプレイヤーを借りることができるようなので、友達と共にそれを借りて、ヘッドフォンを装着し、順番にアルカトラズの施設の細かい歴史を見て回った。

脱走が起きたときの状況。独房の説明。
脱出不可能といわれた所以など様々なことを知ることができてよかった。
そんなことを感じて観光した。

そして、12月の沖縄旅行のホテルであることを聞かされた。

友達のデジカメで撮った写真にアルカトラズの壁に心霊写真が映っていたらしい。

その写真は
アルカトラズのどのような囚人がいたのか英語で説明しているパネルが壁に貼ってあり、当時の囚人の写真などのパネルも壁に貼ってある。そんなところをデジカメで収めたものだった。

そんな壁におかしなところがあったそうだ。
友達は確認のためにこんなことを聞いてきた。
「アルカトラズの囚人の写真ってパネルに貼ってあったよなぁ。」
って。

もちろんそうであったことは一緒に回った私もよく覚えていた。

しかし、デジカメにはパネルでないかべの場所に顔があったそうだ。
まるで囚人のパネルのように・・・
終わり
その7に続く
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukkun2913.blog10.fc2.com/tb.php/28-32715680

カウンター

ランキング

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑ブログランキング参加中

ポチっと押していただくと管理人が元気になります

blogram投票ボタン

↑クリックでこのブログの成分が一目でわかります

検索フォーム

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
1241位
アクセスランキングを見る>>

リンク

当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ

このブログをリンクに追加する

相互リンクも募集中
コメントでお願いします

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。