スポンサーサイト

Posted by らぐとりま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 第二話 「露神の祠」

Posted by らぐとりま on 31.2009 夏目友人帳 0 comments 1 trackback
  •  一言・・・
あやかしを見ることのできない人間とその人をいつも見守っているあやかし。そこには温かい何かが確かにある温かいお話。

  • あらすじ

 祖母レイコの遺品「友人帳」を手にした夏目は、用心棒である妖「ニャンコ先生」の力を借り、妖たちに名前を返していくことを決める。そんな夏目の前に、名前を返してほしいと現れた小さな妖「露神」。名前の返還に応じようと友人帳を手に取るが、名を示した頁は次の頁とくっついていた。名を破られれば身は避け、名を燃やされれば身は灰になる。くっついた頁の名を持つ妖を、ニャンコ先生・露神と共に、夏目は探し始める。


  • ポイント
露神画伯の芸術にかなうものは無いでしょう。

  • 本日の一枚
夏目友人帳2
友人帳は大切に扱いましょう。

だめな方向に曲がっています。

  • 感想
今回の話もよかった。
友人帳が2枚くっついてるからあきらめてくれ。ってところでちょっと夏目の淡白な性格にびっくりした。

露神画伯の絵は笑うしかない。
なかなかのセンス


ハナさんと露神のなんともいえない関係はうまく伝えることのできない良さがあった。
露神とレイコさんのとこの露神のセリフはすばらしいね。

最後の露神が夏目に言うセリフはめっちゃよかった。
夏目にとっては意味の深いことばじゃないかな。

「友人」
そこにはあやかしと人は関係ない。友人はこれからもキーワードになりそう。

後、このシーンって今、生きている私たちの社会においても同じことが言えるんとちゃうかな。
人種とかそぉいう垣根を越えて助けあわなきゃって。。


今回のMVPは名台詞と絵の芸術性から露神さんに決定。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukkun2913.blog10.fc2.com/tb.php/33-83ab0e17
夏目友人帳に関わってくる妖怪は、友人帳を奪いにくる妖怪と、名前を返してもらいにくる妖怪の2種類らしい。今回は、名前を返してもらいにきた妖怪のはなしだったのだがページがくっついていて返すことができない。2匹の妖怪を同時にやろうということでもう一匹の妖怪を...
2009.04.17 00:12 ぺろぺろキャンディー

カウンター

ランキング

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑ブログランキング参加中

ポチっと押していただくと管理人が元気になります

blogram投票ボタン

↑クリックでこのブログの成分が一目でわかります

検索フォーム

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
50994位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
2147位
アクセスランキングを見る>>

リンク

当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ

このブログをリンクに追加する

相互リンクも募集中
コメントでお願いします

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。