スポンサーサイト

Posted by らぐとりま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 第三話 「八ツ原の怪人」

Posted by らぐとりま on 01.2009 夏目友人帳 0 comments 0 trackback
  •  一言・・・
夏目の幼少のときの話のほうが印象的やった。

  • あらすじ

 妖への名前の返還に応じる日々を送る夏目の元に、八ツ原に住む妖怪が、退治してほしい人間がいるとやって来る。その人間、害を与えず暮らしている妖たちを退治するのだという。同じ頃、夏目の存在を気にする人物が現れる。田沼というその同級生は、八ツ原に最近越して来たらしい。自分と同じように妖を見ることができる人がいるかもしれない、自分の見える世界をわかってくれる初めての仲間かもしれない、と夏目の心は逸る。


  • ポイント
  • 夏目が小物妖怪にたかられてた時の、ニャンコ先生のボケはオーソドックスながらもセンスを感じました。


  • 本日の一枚
夏目友人帳3
中級妖怪の誠意の見せ方はすばらいしい。

でも、やりすぎでしょ。

  • 感想
相変わらず夏目の淡白な性格はご健在で。
あやかしの頼みを軽くあしらうあたりとかスパっですな。

でも、何とかしてもらおうと中級妖怪の夏目ヨイショはおもしろかった。

後、美篠の家来はかわいらしかった。でも、蛙てどぅなん?


夏目の幼少期の話はやさしくしてもらったからその分裏切られたって気持ちで傷ついたんだろう。
でもそのあやかしは夏目をほっとけなかったに違いない。やさしいから・・・



初めての同じ力をもった友達ができたってのは二人にとってうれしかったと思った。
一人だけの不安ってのはいろいろなときに訪れる。

けど、仲間がいるって言うのは心強いもの。
二人は少しだけ「安心」を手に入れたのかもしんない。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukkun2913.blog10.fc2.com/tb.php/34-5fe30137

カウンター

ランキング

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑ブログランキング参加中

ポチっと押していただくと管理人が元気になります

blogram投票ボタン

↑クリックでこのブログの成分が一目でわかります

検索フォーム

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
1535位
アクセスランキングを見る>>

リンク

当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ

このブログをリンクに追加する

相互リンクも募集中
コメントでお願いします

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。