スポンサーサイト

Posted by らぐとりま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 第九話 「あやかし祓い」

Posted by らぐとりま on 21.2009 夏目友人帳 0 comments 0 trackback
  • 一言・・・
考えると考えるほど難しい話でした。

  • あらすじ

 ある日突然、夏目の前に現れた"仲間"を名乗る男「名取周一」。彼もまた、夏目と同じように妖怪と呼ばれるものの類を見ることができた。表の顔は俳優、裏の顔はあやかし祓い。夏目にお祓い家業を手伝わないか、と誘う名取には、妖怪への憎しみが見えた。同じモノを見て、同じ痛みを越えて来た筈の夏目と名取だが・・・


  • ポイント
  • 名取周一のオーラはばら色のところかな。
    後は、BUTANEKO VS CHIRICHIRIの戦いが面白かった。

  • 本日の一枚
夏目友人帳9
BUTANEKO VS CHIRICHIRIシーン

夏目友人帳に残る一戦でした(笑)

  • 感想
  • ポイントと本日の一枚は面白いところをピックアップしましたが今回の話はマジ複雑に感じました。
    うまく感想書けるか不安でしゃーない。

    とりあえず新キャラの登場!!
    久しぶりちゃう??

    しかもかっこいいという女性がいかにも好きそうな感じの。
    アニメでも女性からモテモテやったし。

    今回の話は最初から最後まで見てもなんかうまく整理できんかった。
    もちろんいい話何やけど。。

    わかりやすいところから書いていくと・・・

    まず妖怪の柊さん。今回の話の一端を担う人物やね。
    祈祷師である人間によって苦しめられるけど名取周一によって救われた。

    名取のしたことは小さないいこと。当然、苦しみのほうが大きいはず。
    だけれども小さなぬくもりを大切にしてるところはほんとに人間なんかより純粋。

    そして名取さんよな。
    難しい人だ。同じような境遇であっても考え方ひとつで全く違うベクトルに進んでしまう。

    そして結構非情かなぁとかも思ったり。
    もちろん夏目を襲ったときもそう思ったけど、それ以上に使役している妖怪の前で理不尽とか迷惑な存在とか言う!?

    ちゃんと妖怪のこと自分で調査したら柊を思い出してもっと手をつくしたのかもしれんしさぁ。
    ちゃっかり柊の言葉を名取さんは夏目に対してつかっとるし。

    でも一応柊を助けるつもりみたいなかんじやったし、ようわからん。

    なんだかんだいって人それぞれ思いは違っても分かり合えることはできるってことで。

    夏目の行動で何か変わっていくといいんじゃないかな。
    まぁお互いがいいところを埋めあうのもいいと思うし。
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukkun2913.blog10.fc2.com/tb.php/54-165f7129

カウンター

ランキング

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑ブログランキング参加中

ポチっと押していただくと管理人が元気になります

blogram投票ボタン

↑クリックでこのブログの成分が一目でわかります

検索フォーム

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
50844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
2136位
アクセスランキングを見る>>

リンク

当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ

このブログをリンクに追加する

相互リンクも募集中
コメントでお願いします

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。