スポンサーサイト

Posted by らぐとりま on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わずかに怖い話(その2)

Posted by らぐとりま on 26.2009 不思議体験 0 comments 0 trackback
この話はわずかに怖い話(その1)の少し後、の出来事。

夜、普通に寝ていたんやけど
ふと目が覚めた。

すると玄関から2人組の作業着をきたおじさんが家に侵入してきた
心の中で「えっ!?なに!?」とか思っていたら

2人組が寝ている布団の近くまできている
そのときになって声が出ないことに気がついた
そして、体も全く動かないということに・・・

どうすることもなく2人を見ていると

一人は近くのものを物色し始めた。
残ったもう一人はひざを着き、私のほうを監視している。

もしかして泥棒では??などと考えてしまった。
しかし、体は動かない。

「動け!!動け!!おっさん物色やめろ!!」と心の中で叫んだ。

すると左腕が勢いよく動き、監視していたおじさんの腕をつかみ「やめろ!!」と叫んでいた。

そこからまた動けなくなり、スローモーションになったようにゆっくりおじさんが顔を近づけてくる。
顔がすぐ間近くになったところで記憶がなくなった。

気がつくといつもどおりの部屋だった。夢だとは到底思えなかった。

終わり
その3前編へ続く
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukkun2913.blog10.fc2.com/tb.php/9-4bb817e6

カウンター

ランキング

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

↑ブログランキング参加中

ポチっと押していただくと管理人が元気になります

blogram投票ボタン

↑クリックでこのブログの成分が一目でわかります

検索フォーム

Twitter

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
60648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
2585位
アクセスランキングを見る>>

リンク

当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ

このブログをリンクに追加する

相互リンクも募集中
コメントでお願いします

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。